何といっても国宝!犬山城からの絶景【写真】

犬山城からの絶景

犬山城の天守閣

そもそも犬山城とは?

織田信長の叔父である織田信康が天文六年(1537年)に木之下城を移して築城したと伝えられます。 現在の犬山市にある愛宕神社が元々、木之下城があった場所だとされています。犬山城まで歩いて約15分。しかし、昔のお城は平地にあったのですね。昔は、平地でもよかったんですかね?

こののち江戸時代にかけて城主はめまぐるしく入れ替わります。

犬山城に陣をおいた羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)

      vs

小牧城に陣を置いた徳川家康

天正12年(1584年)の小牧・長久手の戦い

 豊臣秀吉の死後の豊臣政権内部の政争の

関ヶ原の戦い

においても重要な拠点として使用されたとされています。

江戸時代から幕末までは成瀬氏が代々このお城を受け継いで行きました。

明治維新ごろからは多々、天災に見舞われました。

しかし、愛知県や多くの市民の寄付金のおかげで修復を繰り返され今の形が残っており現在は日本に現存する

最古の天守閣を持つお城

として有名になったのです!

そんな長い歴史のなかで、武将やお偉いさんたちも含め様々な人が拝めてきた犬山城の絶景をご覧ください!

犬山城からの絶景

犬山城下町方面

犬山城からの眺め

名古屋駅方面

岐阜方面

ライン大橋方面

犬山城からの絶景

名古屋駅方面の写真には少し小高い森みたいなのがありますが、それが小牧山小牧城です。小牧・長久手の戦いのときは、お互いに丸見えだったわけですね(笑)

こうやって犬山城からは綺麗に360度見渡すことができます。

どうですか、これが犬山城から見ることができる絶景です。

写真で見てもあれですから、行く機会がある人は絶対一度は行くべき価値がある場所です。愛知県は、何もないとか言われがちですが、そんなことは全くなく、とても面白い県だと思います!

世界が変わります!

Lightroomで写真を加工しましたがまだまだ難しいですね。。。

皆さんに、お見せするのが恥ずかしくないレベルまで成長したいです!

 

pantagon25.hatenablog.com