社会人新1年生の私が学生に伝えたいこと。

今週のお題「2018年上半期」

わたしにとっての2018年度上半期は、人生の一番のターニングポイントでした。

f:id:pantagon25:20180706002954j:plain

人生の夏休みと呼ばれる「大学生活」に終わりを迎え、ついにあの「社会人」になってしまった。ここにきて、学生だった時に、あの時からすると「大人」の言っていたことが良く分かります。それは

「自分の時間を大切に使いなさい」

ということ。

よく、ネットサーフィンをしていると

「後悔しないように学生時代にやっておくべきこと」

という記事をよく見かける。そこを見ると

  1. 勉強
  2. 旅行
  3. 1人暮らし
  4. 恋愛
  5. 読書
  6. 大事な友人
  7. 馬鹿なこと
  8. アルバイト

などがゴロゴロと出てきます。どれも自分自身の時間を費やして行うものです。

 

ここで、わたしの話をすると、

わたしは、高校生活がクソすぎた反動で、学生生活は頑張ろうと思いました。

もう全部、頑張ろうと思った!

そのため、勉強、部活、アルバイト、恋愛とパンクしそうなぐらい忙しい時期もあった。色々なところに旅行に行き、英語は全然できない状態で留学もした。初めての彼女に上手く接することができなかった自分が嫌になることもあった。熊本で大地震に見舞われて、正直、あのときは死ぬかと思った。あんまり馬鹿なことはしない人間だから、そっちには手を出してはいません。しかし、部活、アルバイトをやる中で色々な人に出合い、馬鹿みたいに笑った。今までの人生で1番充実していたのは大学生活だった。おかげで写真という個人的に最強の趣味にも出会えたし。色々な人に迷惑をかけたし、謝りたい人もたくさんいる。でもそれが自分を成長させてくれた。なので出会ったすべての人には感謝している。学生最後の春休みも社会人になったら時間が無くなるというのは分かっていたので、あの時にやりたかったこと、行きたかった場所は、お金がある限り行動に移しました。春休みに、モンハンのハンターランクも100になったし(笑)

 

ここでなにが言いたいかというと確かに「大学生」の時はどんなに忙しいと思っていても山のように時間があった。

本当に、1日ずっと寝たり、ゲームしたり、マンガを読む時間があった。それでも暇な時があり時間が余っていた。

 

だが社会人になって気づいたことが1つある。それは、時間が全くないということ。学生のとき思っていた以上にだ。まだ、新人なのであまり残業もすることもなく、家に帰る。そこから飯つくってYoutubeで好きな動画みて、このブログについて考えていると、1日が終わる。これから残業する日々が始まると考えるともっと1日が短く感じられるだろう。最近、思うことは1日が秒で終わるので、1年ぐらいたったころにはよぼよぼの爺さんになっているんじゃないかとか考える(笑)

現状、働かないと遊ぶお金も得られないし、最初は給料安いし。本当に困ったもんだ。時間とお金があれば本当に世界中旅したいレベルではある。しかし、その願いが叶うのはいつになるでしょう。。。

 

結果、わたしが伝えたいのは。

大人になってしまった私が伝えたいのは、やっぱり

「社会人になったら思った以上に時間がない」

だから

「少しでも興味をもったものに対して、どんどん手を出してみる」ということ。

職業によると思いますが、この日本という社会で働いている人からしてみると、そんな簡単に休みなんか取れないし、取りにくいし。自分のために自由に使える時間があんなにあったのに、なぜもっと色々なものに手を出さなかったのか。このブログだってまだ初めて1ヵ月しかたっていないし。どんどんやりたいことが出てくる。新しいことを始めるにはどうしても時間というものが掛かってしまう。時間がない社会人には熱心に取り組むことはできない。なので学生という特権を使って自分のやりたいことにはどんどん挑戦していくべきだ。

これがわたしが、2018年上半期に強く思ったことに違いない。これがきっかけで何か挑戦する人が出てくると私も嬉しいです

とりあえず、現在、私はどこかに旅行にいきたいです(笑)