カエルの置物に込められる意味とは?

カエルの置物に込められた意味

f:id:pantagon25:20180614204401j:plain

長崎/西連寺のカエルの像

先日の「あのタヌキの置物の意味とは?」に続いて、他にもいろいろな動物が縁起物として挙げられていると知ったので、今回はカエルの置物について調べてみました!

pantagon25.hatenablog.com

カエルが縁起物とされている理由

カエルの置物は「タヌキ」「招き猫」に比べるとマイナーな縁起物なのかもしれませんが、神社やお寺でよく見かけることがあります。つまり置かれているということは何か理由があるってことですね!

「カエルの縁起のいわれ」

カエルは日本語で「変える」「返る」「帰る」という言葉と同じ発音で読むことができます。つまり何もかもがカエルのです。

例をだすと

  • 旅に出て、無事にカエル!
  • お金が自分のもとにカエル!
  • 良くない出来事がいい方向にひっくりカエル!
  • 落とした物が自分のもとにカエル!

そう!カエル!カエル!カエル!なのです!もう語呂合わせですね!(笑)

他にも「カエル」は子供をたくさん生むところから「子孫繁栄」へのシンボルにもなっています。

「自分のもとに福が訪れますように!戻ってきますように!帰ってきますように!」といった意味でカエルのお守りを持ち運んだり、カエルの置物を置くことが縁起物の効果として一般的になっているみたいですね!

f:id:pantagon25:20180614210428j:plain

カエルの八相縁起

カエルもタヌキと同じく「八相縁起」があります。八相縁起とはそのものの体の部位から各部分にあり人生を成功に導くための教えとされています。

  1. (火の災いをパクリと呑み込み火災予防)
  2. (腹にはおへそがなく落雷を予防)
  3. 食物(害虫撲滅、無病息災)
  4. 皮膚(保護色は災難除け)
  5. 子蛙(子はしっかりと親に従う)
  6. 冬眠(寒さを耐えることで身心の滋養鍛錬)
  7. 前足(しっかりと構えた足は礼節を重んじる)
  8. 後足(強固な後足で、いざという時には跳躍前進)

カエルの特長からとてもよく八相縁起が表現されていると思います。2番目の腹(腹にはおへそがなく落雷を予防)は面白いですね(笑)

f:id:pantagon25:20180614204414j:plain

まとめ

タヌキに引き続きカエルを紹介いたしました。タヌキとカエルは効果は違いますが、縁起物としてはどちらも良いということが分かりましたね!あとは、置く人がどの効果を自分自身に欲しいかというところがタヌキにするかカエルにするかの分かれ道です!

あなた様は、どちらをお選びになさりますか?

世の中、まだまだ知らない知識ばかりです!

 

一番目の写真がある寺

sotozen-navi.com

ちなみに行ってみたいカエル寺

trip-s.world