アンコールワットと猿/カンボジア

 

今回は、カンボジアアンコールワットではなく

世界遺産アンコールワットと猿です!

f:id:pantagon25:20180609004629j:plain

この写真を撮影したのは大学の卒業旅行でカンボジアに行ったときのものです。

普通にゴミ箱をあさっていました(笑)

 観光客が多いので「アンコールワット=京都のお寺」みたいに綺麗に整備されているだろうと勝手に思っていたため驚きました。

まあ、規模が違いますからね。。。

 

他にもたくさん「お猿さん」が生活していたのカメラ様のお力をお借りし撮影してきました。

f:id:pantagon25:20180609004609j:plain

f:id:pantagon25:20180609004711j:plain

猿の種類は?

パンタゴン調べによるとこのお猿さんの種類は、

カニクイザル

という猿で日本の動物園でみることのできる猿よりも痩せている印象を受けました。食べるものとか環境によって違ってくるんですかね?

カニクイザルについて知りたい方はこのサイトに詳しく書いてあります↓

pz-garden.stardust31.com

 

アンコールワットカニクイザルたちは人に慣れている様子があり、近づいてもこちらが手を出さない限り逃げるような動作は取りませんでした。個人的には観光客に食べ物を貰うために、こうして姿を現しているんですかね?

地元の子ども達は、猿を追いかけまわしてました(笑)

こうやって猿がいるということはアンコールワットが自然と共存してきたままの歴史が保存、維持されていると思って良いと思います!

f:id:pantagon25:20180609004547j:plain

野生の猿=危険???

野生の猿って危険なイメージがありますよね。しかし、全くそんな感じではなくお猿さんはさんゆったり生活していました。私も「水や持ってる食べ物を取られた」「噛みつかれた」という話をカンボジアに行く前にネットで見ましたがそんなことはありませんでしたし、

そのような事件に遭遇することもありませんでした!

 

変にちょっかい出したりしなければ、お猿さんたちも平和に暮らしたいと思っているはずなのでそのようなことはないかと。(もちろんこのような事象が起こる可能性はゼロではないので気を付けることは大事だと思います)

 

ちなみに地元の大人の人たちは猿には十分注意して欲しいらしく「近づくなよオーラ」がでていましたので、何事もほどほどにしましょう!

f:id:pantagon25:20180609004650j:plain

以上、アンコールワットと猿についてでした。

やっぱり海外は少しお金が掛かりますが、とても非日常を感じることができます。海外に興味がある人は即行動に移すべきだと思います!アンコールワットは少し日本から行きにくいのでが。。。

 

時間と少しのお金がある方は日本から一歩外に出てみましょう!

 

世界が広がります!

↓めちゃくちゃ参考にしたサイトも張っておきます↓

cambodia.joshi-tabi.info